ディスタンスキャストに思いをのせて


いつも魚はさらに3メートル向こう側にいるものだ!と信じてやまないジョーなんとかさんの戯言を、釣れずれなるままに?
by bobitti
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

河口でシーバスを狙う

2005年10月、雨の降った後の増水した河口に、良型のシーバスが寄ってくる。そのポイントにはいままで行ったことがなかった。土曜日にまとまって雨が降ったので、兄を誘ってそのポイントに連れて行ってもらった。兄はそのポイントに詳しい。朝まず目ねらいでポイントに入った。

兄はバイブレーションを投げた。自分はデシーバーの頭の部分をマイラーチューブでかぶせ、3Dアイをエポキシで接着し、シリコンで補強したフライをキャストした。ツーハンドの14ft#9にシューティングシステムを使った。

30㍍ほど前方にキャストし、複雑な流れにドラッグを掛けながらスイングさせる。何度か根がかりした。

明るくなってきたとき兄に待望のヒット。ブラックフィンがバットから曲がっている。でかいぞ70クラスだ。遠くで豪快なジャンプとエラ洗い!しかし根に潜られ痛恨のラインブレイク!
でかい魚が入っていることにうれしくなり慎重にキャストし、ついていそうなポイントをスイングさせた。するとゴゴゴゴゴッとあたりがあった。来た!左手を思い切り引き、右手でロッドを立てフッキングさせる。ツーハンドでの初めての魚だ。「ついにこの竿にも魂を入れることになったな」などと考えながらラインをたぐり寄せる。弱い引きが弱いぞ!あがってきたのは35センチほどのセイゴだった。

トップはつらいよの山根さんのように「親を連れてこんかいっ親をっ」と内心叫びながら、この竿で初めての魚なので、記念写真は撮っておかないとということでぱちり。倍の大きさがほしいよな。ロッドと不釣り合いだ。
f0095529_18115755.jpg

[PR]
by bobitti | 2006-04-29 18:12 | saltwater 

ドライフライを使ったヤマメ釣りに思う

とにかく視覚で楽しめるという点でとても気に入った。さらにライトソルトとと比べて道具が繊細。仕掛けも繊細。全く別の種類の釣りであることに気づいた。いい加減なやり方では釣れないし、フライの巻き方や、選び方で釣果が左右される。かなり奥が深い釣りであることはわかった。自分は正確がおおざっぱだし、細かい作業は得意な方ではない。どちらかといえばおおざっぱでも釣りになるソルトの方が向いているだろう。しかし清流のきれいさや、新緑の美しさそしてヤマメの美しさに惹かれた。3月から9月までほとんどの時間をヤマメ狙いに費やした。使ったフライはCDCソラックスダンとエルクヘアーカディスの二種類だけ。パラシュートも巻いてはいたが使わなかった。カディスでは釣ることができなかった。反応はあったがまとわりついてくるだけ。捕食スイッチを入れることはできなかった。イブニング狙いで、フラッタリングなど試みたかったがついに機会がなかった。2005年のヤマメ釣りはとりあえず門をたたく所でストップした。
f0095529_17521954.jpg

その昔平家の落人が潜んだ山々
f0095529_10191018.jpg

[PR]
by bobitti | 2006-04-29 17:52 | freshwater

ついにヤマメを手にする。

ヒラスズキで撃沈した翌週の日曜日、前回行った本流のさらに上流に流れ込む支流に入渓した。湯前町から峠を越え宮崎県に入る。途中にあるキャンプ場を右手に見ながらくねくねと下っていくと、その川は右手に流れやがて本流の一ツ瀬川に流れこむ。もちろん初めていくポイントだった。ミノーイングでは、これほど「ヤマメを釣りたい心」に火がついたことはない。なぜかドライフライの釣りは自分の心を動かした。 入りやすい場所を見付け、適当に遡行を開始した。良さそうだなと思った淵にCDCソラックスダンをプレゼンテーションする。なにせ初めてなので適当だ。メンディングなどよくわからない。我流で適当。ドラッグが掛からないように工夫するだけだ。するとどうだ。13センチほどのちびヤマメが奥深いところからフライをめがけて一目散に飛び出してきた。捕食モードにスイッチが入っていて毛針であることに彼らは気づかない。フィッシュオン!まず一匹目。それから、ここぞと思ったポイントから必ずヤマメが飛び出してきた。あわてて大合わせをしてしまうので、ヤマメのごぼう抜きという失態までやらかしてしまう。ごめんなさいヤマメ君。この日は最大18センチを筆頭に10回の反応があり、5尾のヤマメ君をキャッチした。f0095529_11542884.jpg
[PR]
by bobitti | 2006-04-29 11:54 | freshwater

サラシが俺を呼ぶ!

f0095529_1141560.jpg2005年3月、ヤマメ狙いで宮崎に行ってヤマメは釣れなかったがそれなりに感触をつかんだ。翌週の日曜日はさらに上流に入り初ヤマメを手にしたいと思っていた。しかし、天気予報を見ていると、西海岸の波3㍍後2.5㍍と報じているではないか!これはヒラスズキに行くしかないでしょ?ということで友人と2人で、茂串海水浴場周辺をチェックしに行きました。しかし風が強すぎて、ツーハンド#9では太刀打ちできましぇーん!てことであきらめました。帰路につくと大雪。こんな時にヒラスズキに誘ってごめんね!我が級友よ!次は良いことあるかな?f0095529_11404460.jpg
[PR]
by bobitti | 2006-04-29 11:41 | saltwater 

ドライフライでヤマメを狙うその1

2005年3月、解禁後初めての日曜日にヤマメ狙いで宮崎県西米良村の本流に行ってみた。雪が舞う天候だったが、現地に着く頃には快晴。とても気持ちの良い時間だった。コンクリート工場の裏地あたりを狙ってみたが、出てくるのはハヤだった。しかし、廻りに障害物もなく初心者の練習としては良い場所だったと思う。ドライに出てくる魚はわくわく感を助長する。でるかな?でるかな?とどきどきしながらフライを流すのは楽しい。そして、いままでの引っ張るばかりの釣り方と、流すという釣り方は全く違う行為な訳で、これがフライフィッシングの醍醐味なのだろうかとも思えた。f0095529_9245043.jpg
[PR]
by bobitti | 2006-04-29 09:25 | freshwater

ドライフライのタイイング

彼はとても上手くドライフライを巻いていた。
#18から#22のフックを、まるで生きた昆虫のごとく、上手にマテリアルを巻止めていた。マテリアルは多く使いすぎないという点をアドバイスしてくれた。
中でもソラックスダンがとても気に入ったので、それを中心に#14番と#12番のフックでCDCソラックスダンを作った。ボディーにはターキークイルのファイバーや、ムースメ
f0095529_1254421.jpg
ーンを使った。作り終えると、フライを放り投げて着水姿勢がうまくいくかを実験しながら、合格したものをフライボックスに入れていった。
[PR]
by bobitti | 2006-04-29 08:40 | freshwater

ヤマメ狙いの準備

その方は#2番の7から8フィートのロッドを勧めてくれた。#3番では強すぎる、#2番が絶妙だといわれた。キングと相談し、ジェリー・シムがプロデュースしたロッドの#2番を手に入れた。フックも#14と#12を買い、ハックルやダビング材、CDC、スノーシューラビット等を購入した。私は魚を釣り、そしてキングは私たち釣り人をつり上げ、食物連鎖の頂点に君臨する。すばらしい。(笑)
 そしてタイイングに挑戦したわけだが、いままでの雑なタイイングが板に付いているため、上手く巻けるはずはなかった。スレッドでハックルを巻きとめた後、テンションを掛けすげてぷつり!私は、職業柄、手が非常にあれている。ごつごつした人差し指の皮にスレッドが引っかかってぷつり。フックアイがつぶれてしまう程スレッドを巻きすぎたり、バイスにフックを固定する時に力の入れすぎでフックが折れてしまったりと、問題が続出した。パラシュートや、CDCダンなど、本を見て巻いたがかっこよくできるはずはない。うーんやっぱり熟練者から教えてもらうべきだと思い、ハクラ狙いの時に知り合った彼(M氏)に、見本を見せてもらうことにした。
[PR]
by bobitti | 2006-04-27 13:04 | freshwater

ドライフライが面白いって聞いたモンだから

2004年11月、仕事上、釣り好きなある方と面識ができた。彼はヤマメ狙いが一番好みだということだった。ミノーイングもやるが、やっぱりドライフライが一番楽しいと言われていた。しかも#12を多様しているらしかった。当時の私は、#12フックがどのくらいのサイズなのかわからなかったし、ヤマメはミノーイングでやるのが一番楽しいんだという固定概念にとらわれていた。しかし、彼が言うには、46センチのパーマークのはっきりした、あごしゃくれのかっこいいヤマメをドライで釣ったときは、最高に楽しかったらしい。でかい魚はでかいフライで釣る。なるほど。バスバギングをイメージすれば、ドライフライでヤマメを釣ることが楽しい事は、容易に想像できた。2005年はドライフライに挑戦してみよう。そう決心できた出会いだった。釣りを通じて、いろんな方々と面識ができ、それぞれ楽しまれている釣り方に触れることはとても楽しい事だ。
[PR]
by bobitti | 2006-04-27 12:51 | freshwater

セイゴの狂喜乱舞に思う

ルアーとフライの釣果に違いがあった要因はその大きさと、泳ぐ深さにあったと思っている。シリコンミノーは、深度5センチほどをリトリーブできた。細身のシルエットは、ベイトにマッチしていたのだと思う。セイゴはフライの背後に迫り、そしてフライを頭からひったくるようにくわえた。大型のヒラスズキのように白波は立たなかったが、水面がもわっと浮き上がりそしてスプラッシュと同時にフッキングした。釣り味はトップでやったのとさほど変わらず、楽しい時間を過ごさせてもらった。
[PR]
by bobitti | 2006-04-27 08:37 | saltwater 

セイゴの狂喜乱舞

2004年10月、とある河口にてセイゴの狂喜乱舞に出くわした。まさしく狂喜乱舞だった。フライの雑誌ナンバー35号に備前貢さんがストライパーを狙う記事が載っていた。それにシリコンミノーが紹介されていたが、それをまねて#6フックに黄色、ピンク、ブルーとウイングの色を変えて持っていった。全てヒットした。キャッチアンドリリース約20回。ヒットした回数約30回。中には手のひらサイズのメッキもまじった。メッキの締め込みは小粒ながら愉快なものだった。これが40センチならばすごいことになるぞと、#6ロッドで40センチのヒラアジを釣ることを思い描いた。
f0095529_19472815.jpg

[PR]
by bobitti | 2006-04-24 19:47 | saltwater 


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧