ディスタンスキャストに思いをのせて


いつも魚はさらに3メートル向こう側にいるものだ!と信じてやまないジョーなんとかさんの戯言を、釣れずれなるままに?
by bobitti
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

ドライフライを使ったヤマメ釣りに思う

とにかく視覚で楽しめるという点でとても気に入った。さらにライトソルトとと比べて道具が繊細。仕掛けも繊細。全く別の種類の釣りであることに気づいた。いい加減なやり方では釣れないし、フライの巻き方や、選び方で釣果が左右される。かなり奥が深い釣りであることはわかった。自分は正確がおおざっぱだし、細かい作業は得意な方ではない。どちらかといえばおおざっぱでも釣りになるソルトの方が向いているだろう。しかし清流のきれいさや、新緑の美しさそしてヤマメの美しさに惹かれた。3月から9月までほとんどの時間をヤマメ狙いに費やした。使ったフライはCDCソラックスダンとエルクヘアーカディスの二種類だけ。パラシュートも巻いてはいたが使わなかった。カディスでは釣ることができなかった。反応はあったがまとわりついてくるだけ。捕食スイッチを入れることはできなかった。イブニング狙いで、フラッタリングなど試みたかったがついに機会がなかった。2005年のヤマメ釣りはとりあえず門をたたく所でストップした。
f0095529_17521954.jpg

その昔平家の落人が潜んだ山々
f0095529_10191018.jpg

[PR]
by bobitti | 2006-04-29 17:52 | freshwater
<< 河口でシーバスを狙う ついにヤマメを手にする。 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧